Green Rating™

不動産の環境性能を改善するためには、先ずその性能を測定しなければなりません

 

Green Ratingとは〜環境性能の把握と意思決定のための支援ツール

建築物や不動産ポートフォリオの環境性能に関する正確な情報を必要とする、不動産オーナーやアセットマネージャー、居住者といった方々に関わりがあります。
Green Ratingを通じて、既存建築物の環境性能を向上させるための提言を得ることにより、お客様は様々なメリットを手にすることができます。
Green Ratingの審査結果は、環境政策や意思決定の手助けとなります。建築物の利用に関する運用及び技術的データの幅広い分析や、異なる資産ポートフォリオ、国、建築物間の比較が可能です。 環境への配慮としてエネルギー消費量を減らしたい、コストを削減したい、建物の快適性を向上したい等、お客様のご要望は様々ですが、Green Ratingは資産の品質及び価値を確実に高めます。


Green Rating | ビューローベリタス 建築認証事業
メリット1 経済面かつ実用面からのアプローチにより、資産又はポートフォリオとしての既存建築物の環境性能を評価します。
メリット2 具体的な提案とモニタリングの実施により環境性能の改善を図れます。
メリット3 データベースに登録されている建物をベンチマークとして活用し、ポートフォリオのスクリーニングと行動の優先順位を決定できます。
メリット4 独立した第三者機関による具体的な指標に基づく性能評価に基づき、ビルオーナーとテナント間、売主と買主間のコミュニケーションに活用できます。


Green Ratingとは〜審査の流れ

ビューローベリタス審査員が、建築物の特性を検査し、関連データを収集します。
例えば、エネルギー利用を測定するために、施設の熱力学シミュレーションが実施されます。
その後データ分析を経て、所感及び提言を添えた報告書がお客様のお手元に届きます。
Green Rating | ビューローベリタス 建築認証事業


Green Rating〜6つの客観的・具体的な評価指標

既存建築物(オフィスビル、物流施設、店舗)における6つの領域
エネルギー 定量的評価:kWh/m2/年
建物のエネルギー需要を動的モデリングにより算出
CO2 定量的評価:kgCO2/m2/年
建物のエネルギー使用に起因するCO2排出量を評価
定量的評価:L/人/日
建物の水需要のシミュレーションに基づく評価
交通 定性的評価:評点1〜9
主として、公共交通機関へのアクセスと代替交通手段に対応した建物内施設の有無を評価
健康 定性的評価:評点1〜9
主として室内環境品質(騒音、快適性、空気質など)を評価
廃棄物 定性的評価:評点1〜9
建物の廃棄物分別機能と処理方法を評価


Green Rating〜4つの性能で評価

本質的性能:建築物の外皮と設備が本来有する性能を評価
改修による性能向上:本質的性能に対して、一定の投資を行った後の性能向上を評価
現状の実績:現状の入居条件及び運用条件の下での実績を評価
運用改善の可能性:現状の実績に対する運用改善の可能性を評価
Green Rating | ビューローベリタス 建築認証事業


Green Rating〜評価結果

最終評価は全評価項目の総合評点で示されます。
6つの評価指標の4つの性能を1つのチャートで判り易く表示します。
Green Rating | ビューローベリタス 建築認証事業


Green Rating〜お問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
建築認証事業本部 建築環境評価部
ctcpcam.kam@jp.bureauveritas.com
*お問い合わせフォームもご利用下さい。

神谷町事務所
〒106-0041 東京都港区麻布台1-7-2 神谷町サンケイビル7F
TEL:03-5573-8686 FAX:03-3505-3389
   

 

 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス