長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査業務 流れ

(所轄行政庁に認定申請する前に評価機関が技術的審査を行う場合)


   

*認定通知書交付後に建築工事着手となります。
*適合証に記載された認定基準の区分以外の認定基準については、所管行政庁が審査する事になります。
 


・依頼図書の流れ(一般の流れ)
−長期優良住宅【単独申請】の場合
  (1) 依頼者には、以下の書類を正副2部提出していただきます。
    @依頼書(評価協会、別記様式1号)
    A認定申請書(省令・第一号様式)
    B添付図書
  (2) 技術的審査終了時に、依頼者に、依頼書・認定申請書・添付図書の副本1部を添えて、適合証(評価協会、別記様式2号)を交付します。
(評価協会作成「業務規程・手引き」より抜粋)


・依頼図書の流れ(設計評価と同時に依頼する場合)
−長期優良住宅と設計性能評価を【同時申請】する場合
  (1) 依頼者には、以下の書類を正副2部提出していただきます。
    @依頼書(評価協会、別記様式1号)
    A認定申請書(省令・第一号様式)
    B設計住宅性能評価申請書一式(添付図書含む)
    C評価方法基準以外の認定基準のよる事項に関する図書等
  (2) 技術的審査終了時に、依頼者に、 依頼書・認定申請書・設計住宅性能評価申請書一式(添付図書含む)並びに評価方法基準以外の認定基準に関する図書の副本各1部を添えて、適合証(評価協会、別記様式2号)と設計住宅性能評価書を交付します。
(評価協会作成「業務規程・手引き」より抜粋)

 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス

建築認証事業本部 採用サイト