ダイバーシティ & インクルージョン

ビューローベリタスはインクルージョン(多様な文化や背景、個人的特質をもった人を組織に受け入れるような考え方)に関して模範的な会社になることを推進しています。
2016年1月には、ビューローベリタスCEO自らが「インクルージョンに関するコミットメント」を発表しました。ビューローベリタスにおいては、インクルージョンとは従業員一人ひとりの考えや知識、視点、アプローチ、方法を積極的に取り込んで事業の成功を最大へと導くことを意味します。差別を許さず、あらゆる形の多様性が付加価値となり、会社にとって重要な差別化要因となるようなインクルーシブな企業風土を育てることを目標としています。また、従業員が率直に自分の意見を述べることができ、評価され、当社の経営目標に積極的に貢献し、その結果が適切に認められ報酬が与えられる、オープンでサポーティブな労働環境を普及させることも目指しています。

ビューローベリタスジャパン株式会社HPのバリューを見る

当社では具体的なダイバーシティ&インクルージョン活動として、女性の活躍推進やシニア層の雇用延長に取り組んでおり、多様な人材がそれぞれの資格や知見・能力を活かして活躍できる環境を整えてきました。

女性活躍推進への取り組み

女性活躍推進法に基づき、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために積極的に取り組んでいます。

【ビューローベリタスジャパン(関連会社含む)管理職の女性比率】(2017年7月現在)

  • 基幹管理職 12%  4名(建築認証事業本部  8% 1名)
  • 一般管理職 28% 21名(建築認証事業本部 21%  7名)

管理職(基幹管理職以上)に占める女性割合を、2020年までに30%とすることを目指し、各種施策を実施しています。

研修風景

【これまでに実施された主な施策】

  • 管理職目標数値設定
  • 女性管理職向け研修(社内・社外)
  • マネジメント基礎研修
  • 女性リーダー候補者向けトレーニング

シニア層の定年後再雇用への取り組み

当社では63歳定年制としていますが、定年を迎えた従業員がこれまでの業務で培った経験や高いスキルを活かして活躍できる場を広げるため、またシニア層の就労ニーズに応えるため、63歳以降、最長75歳まで社員として継続勤務ができる再雇用制度を実施しています。 その中には、他社で満60歳の定年を迎えてから当社に入社した社員もおり、建築認証事業本部では多くのシニア技術職社員が審査や検査等で活躍し、後進の育成も担っています。 再雇用や入社の際には本人の希望する勤務日数等の働き方を考慮して、長く働き続けて一層活躍できるようサポートしています。

研修風景

シニア技術職社員による社員研修

【ビューローベリタスジャパン(関連会社含む)63歳以上の人数】(2017年11月現在)

  • 全体 87名(建築認証事業本部 54名) ※契約社員・パート・アルバイト含む