「建築基準法 集団規定 マスターへの道『第5回 容積率(後編) 共用廊下、地下室の緩和とは』」

「建築知識」7月号に社員執筆記事が掲載

2016/6/21up


建築のプロに必要不可欠な情報をタイムリーに提供する専門誌「建築知識」2016年7月号(2016年6月20日発行/株式会社エクスナレッジ)に、弊社社員が執筆した記事が掲載されました。


建築基準法 集団規定 マスターへの道
第5回 容積率(後編) 共用廊下、地下室の緩和とは

執筆:ビューローベリタスジャパン株式会社 建築認証事業本部 草刈直子
掲載:146〜147ページ

・共用廊下の緩和対象は住戸への通行に利用する部分
・「地階」かつ「天井の高さが地盤面から1m以下」で地下室緩和


この「建築基準法 集団規定 マスターへの道」は、弊社社員が執筆を担当する連載記事です。ぜひご覧下さい。


・確認検査業務 ご案内はこちら
 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス

建築認証事業本部 採用サイト