「意外に知らない用途変更Q&A 『可否の分かれ目』を知り既存活用の幅を広げる」

「日経アーキテクチュア」8月11日号に掲載

2016/8/23up

建築の総合情報誌「日経アーキテクチュア」8月11日号(2016年8月11日発行/日経BP社)に、「意外に知らない用途変更Q&A 『可否の分かれ目』を知り既存活用の幅を広げる」が掲載されました。

改修例の増加に伴い、コンバージョン(転用)が増えてきましたが、初めて取り組む方は法規面で戸惑うことが多いようです。

「増改築の法規入門」(ビューロベリタスジャパン+日経アーキテクチュア 著/2016年6月28日発行)の「用途変更に関するQ&A」が転載された本記事をぜひご覧の上、実務にお役立て下さい。


Topics 意外に知らない用途変更Q&A
「可否の分かれ目」を知り既存活用の幅を広げる

掲載:74〜79ページ

Q1 用途変更は確認申請が必要?
Q2 用途変更で現行法規が適用される項目は?
Q3 用途変更の準用規定になければ対処しなくてよい?
Q4 容積オーバーの建築物で大規模修繕や用途変更は可能?
Q5 シェアハウスへの用途変更の注意点は?


・確認検査業務 ご案内はこちら

 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス

建築認証事業本部 採用サイト