試験業務 流れ

申請から大臣認定書までのフロー

構造評定と特別評定フロー
試験業務 申請から大臣認定書までの流れ | 登録試験機関 ビューローベリタス
   
@ 事前相談
  申請内容、申請資料について打合せさせて頂きます。
A 申請
  特別評定委員会が開催される1週間前までに申請を行い、試験申請要領書、特別評定委員会申請図書作成要領を参考に必要資料の提出をお願いします。
B 第1回委員会出席、説明
  委員会にご出席頂き、説明して頂きます。
「性能評価」の構造評定委員会と「試験」の特別評定委員会は同時開催します。
C 試験業務料振込
  委員会終了後、弊社より請求書を送付致しますので、記載期日までにお振込みをお願いします。
D 部会出席(第1回委員会終了から10日〜2週間後)
  委員会メンバーの内1〜2名の試験員からなる担当者と詳細審議を実施します。
E 第2回委員会出席、報告
  最終確認の上、判定を行います。
F 試験証明書の受領
  第2回委員会開催後、1週間を目安として試験証明書を交付します。
G 最終図書提出
  試験証明書の受領から1ヶ月以内に最終版の提出をお願いします。
H 大臣認定申請
  大臣認定の申請代行を弊社が行います。
I 大臣認定書の受領
  申請後、約1ヶ月で大臣認定書の受け渡しとなります。
 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス

建築認証事業本部 採用サイト