既存建築物の環境性能評価ツール「Green Rating™」を国内で本格開始!
〜建設・不動産の総合ウェブサイトで「ケンプラッツ」で紹介されました

2011/10/25up

ビューローベリタスが日本国内におけるGreen Ratingサービスを本格開始したと紹介する記事が、建設・不動産の総合ウェブサイト「ケンプラッツ」(日経BP社運営)で紹介されました。

『【環境】日本でのグリーンレーティングを開始、ビューローベリタスジャパン』(2011年10月21日付)


Green Ratingとは

記事にもある通り、Green Ratingは既存建築物の環境性能について、6つの評価指標を4つの性能で評価するヨーロッパ発の評価ツールです。実例に基づき開発、テスト、再調整がなされた手法は、既存建築物の環境性能をどの国においても一貫して評価することが可能です。2011年3月現在、ヨーロッパ(12カ国60都市)では総面積約400万uに及ぶオフィスビル、物流施設、店舗が、Green Ratingによる評価を受けています。

主なメリットは以下の通りです。
・経済面かつ実用面からのアプローチにより、資産又はポートフォリオとしての既存建築物の環境性能を評価
・具体的な提案とモニタリングの実施により環境性能の改善を図ることが可能
・データベースに登録されている建物をベンチマークとして活用し、ポートフォリオのスクリーニングと行動の
 優先順位を決定
・独立した第三者機関による具体的な指標に基づく性能評価に基づき、ビルオーナーとテナント間、売主と買主間
 のコミュニケーションに活用

・Green Ratingの詳しい業務ご案内はこちら


Green Ratingに関するお問い合わせ

ビューローベリタスジャパン株式会社
建築認証事業本部 建築環境評価部
 

お問い合わせフォーム

 

フライヤー・パンフレットをダウンロード

 

開催予定一覧はこちら

 

関連ニュース

 

関連サービス

建築認証事業本部 採用サイト