耐震判定業務 流れ

申請から判定報告書までの流れ

テレワークへの対応として、Web会議システムを利用し、
オンライン
で事前相談・委員会を行います。
→ 詳しくはこちら

耐震判定業務 申請から判定報告書までの流れ | ビューローベリタス 建築認証事業

  通常判定の場合 出張判定の場合
@ 事前相談 オンライン可 事前相談 オンライン可
申請内容、申請資料について打ち合わせさせていただきます。 申請内容、申請資料について打ち合わせさせていただきます。
A 申請 申請
耐震判定委員会が開催される1〜2週間前までに申請を行い、耐震判定用図書作成要領を参考に 必要資料の提出をお願いします。 随時申請は可能です。耐震判定用図書作成要領を参考に必要資料の提出をお願いします。
B 第1回委員会出席、説明(委員会は1回/月開催) オンライン可 手数料振込
委員会にご出席いただき、説明していただきます。 申請後、弊社より請求書を送付いたしますので、記載期日までにお振り込みをお願いします。
C 手数料振込 専門委員会出席 オンライン可
申請後、弊社より請求書を送付いたしますので、記載期日までにお振り込みをお願いします。 専門委員会メンバーのうち1〜2名の委員からなる担当者と診断内容等のヒアリング、詳細審議を実施します。
D 専門委員会出席(第1回委員会終了から10日〜2週間後) オンライン可 第1回委員会報告(委員会は1回/月開催) オンライン可
専門委員会メンバーのうち1〜2名の委員からなる担当者と詳細審議を実施します。 担当委員が専門委員会での報告を行い、委員会としての判定を行います。
E 第2回委員会報告(委員会は1回/月開催) オンライン可 耐震判定書等の受領
担当委員が専門委員会での報告を行い、委員会としての判定を行います。

第1回委員会で終了した場合、1週間を目安として耐震判定書および判定概要書を交付します。

F 耐震判定書等の受領 判定報告書提出
第2回委員会で終了した場合、1週間を目安として耐震判定書および判定概要書を交付します。
判定委員会終了後速やかに「判定報告書」を提出していただきます。
G 判定報告書提出  
判定委員会終了後速やかに「判定報告書」を提出していただきます。