建築技術性能証明業務

建築技術性能証明 | ビューローベリタス 建築認証事業

建築技術性能証明業務とは

各社が研究開発した新技術の適正かつ迅速な導入を図り、建築技術の水準の向上に寄与することを目的として、その技術内容が開発目標に到達していることを確認します。そのために、各社自ら実施した実験や検討の内容を性能証明委員会にて審査し、達成していると認める場合にはこれを証明する任意の審査業務です。「工法認定」、「技術証明」などと呼ばれることもあります。

対象技術

  • 建築物等の材料、部材、性能、施工等に係わる技術(特定天井含む)
  • 建築物等の材料、部材、性能、施工等に係わる技術(特定天井含む)
  • 建築物等の設計、構法等に係わる技術
  • 既存建築物等の維持保全、改修のための設計(補強)、材料、工法等に係わる技術
  • 既存建築物の任意の天井改修(個別認定)
  • 既存建築物の復元に係わる維持保全・設計・施工等(個別認定)
  • 上記以外に建築物等の有効活用等に資する技術

メリット

建物に新技術を採用するには、その技術を含めて建物個別の第三者による評定などが必要なことがあります。その建物単位の評定の都度、技術説明を必要とする審査を進めなければならず、時間と労力を要します。そこで、「性能証明」のような第三者の技術評定を取得しておくことにより、その後の当該技術の審査の簡略化が図れることになります。
個別認定においては、監理者などの第二者からの報告ではなく第三者の目線による建物の環境・品質・安全および機能面に関する客観的な情報を得ることが可能となります。

ビューローベリタスが選ばれる理由

高い技術力と豊富な経験を有する委員会を構成し、審査を進めます。

建築技術性能証明業務〜スケジュール

建築技術性能証明 | ビューローベリタス 建築認証事業

建築技術性能証明業務〜委員会日程

開催日については下記までお問い合わせください。

建築技術性能証明業務〜お問い合わせ

お問い合わせは、建築認証事業本部 建築評定部まで