「建築知識」8月号に弊社スタッフの連載記事が掲載
〜建築法規の悩める現場 第5回「建築基準法」関西地方独自の取り扱い

2010/7/20up
現在発売中の、建築知識8月号(7月20日発売/株式会社エクスナレッジ発行)に、弊社スタッフによる連載記事
建築法規の悩める現場が掲載されています。(151〜153ページ)

連載第5回となる今回は、「建築基準法」関西地方独自の取り扱いと題し、以下のテーマについて、
図を交えながら判り易く解説しています。
・関西地方では建築基準法の取り扱いを一般公開
・「府Q&A」は大阪府の各特定行政庁の拠り所
・図1:避難上有効なバルコニー(令121条1項)とみなす条件(大阪市の場合)
・図2:敷地内の避難通路(令128条)で屋外とみなす条件(神戸市の場合)
・図3:敷地内の避難通路(令128条)を屋外に設けられていなくとも可とする条件(神戸市の場合)

当連載は全8回にわたり、建築基準法で明確に定められていない事項について、特定行政庁などが
定めている取り扱いや、地域ごとに定められている条例などのローカル・ルールをご紹介します。
皆様の業務円滑化の一助となれば幸いです。ぜひご覧下さい。