2022年FIFAワールドカップ・カタール大会のスタジアム

ビューローベリタスが第三者照査(ICE:Independent Checking Engineer)サービスを提供

2011/9/15up
ビューローベリタス・カタールが、首都ドーハに建設される"New Doha International Stadium"(収容人数60,000人)の設計について、第三者照査(ICE: Independent Checking Engineer)サービスを提供することとなりました。
"New Doha International Stadium"は、2022年FIFAワールドカップ・カタール大会の開会式会場となる予定です。
FIFAワールドカップ・カタール大会スタジアム 第三者照査サービス | ビューローベリタス

クライアントは検査会社の選考にあたり、構造、HVAC(冷暖房空調設備)、MEP(機械、電気、配管設備)といった様々な分野での豊富な経験を重視していました。今回の契約締結にあたり、ビューローベリタスの設計確認プロジェクトにおける実績や、様々な要求や問い合わせに対する迅速な対応、検査員の知識及び経験を確認できるCVの提供をはじめとするビューローベリタス・フランスのサポート、納期に対する柔軟な対応などが高い評価を受けました。
FIFAワールドカップ・カタール大会スタジアム 第三者照査サービス | ビューローベリタス

ビューローベリタス・カタールは今後10ヶ月間にわたって、ビューローベリタス・フランスのサポートを受けながら下記の領域における第三者照査サービスを提供する予定です。
- 構造工学
- 土地工学
- 動的解析工学
- プレストレスト工学
- ケーブル・ルーフシステム工学
- ファサード工学
- 軽量ロングパン構造
- 火災工学設計及びリスクアセスメント
- 機械システム工学(座席、競技フィールドや店舗エリアの空調設備を含む)
- 風洞工学
- セキュリティに関する技術的助言
- 技術サービス(機械、電気、配管及び環境設計)
- 音響基準