「法規の分かれ目Q&A」

増改築に関する法規・制度を解説〜「日経アーキテクチュア」2015年11月10日号に掲載

2015/11/16up

建築の総合情報誌「日経アーキテクチュア」2015年11月10日号(日経BP社発行)に、ビューローベリタスの確認検査員が解説を担当した「法規の分かれ目Q&A」が掲載されました。


特集 法規を味方に「増改築」攻略 提案力高めるリーガルセンスを磨け
「Part.2 法規の分かれ目Q&A」
計画を左右する疑問を確認検査員が解説
解説:ビューローベリタスジャパン株式会社
掲載:46〜57ページ

Q1 大規模修繕・模様替えの「大規模」とは?
Q2 用途変更で現行法規が適用される項目は?
Q3 減築でも確認申請は必要?
Q4 確認申請が不要な耐震補強はどこまで?
Q5 増築の「2分の1ルール」は結局、どうなった?
Q6 「基準時」が問題になるのはどんなとき?
Q7 既存不適格調書の注意点は?
Q8 「検査済み証なし」の法適合はどう調べる?
Q9 戦前の建物を増改築するには?
Q10 旧38条を適用した建物はどうなる?


・確認検査業務 ご案内はこちら