「ベテランも陥る『例外』の罠」

新刊「検査員が明かす建築確認の誤解」よりポイントをピックアップ〜「日経アーキテクチュア」2013年9月25日号に掲載

2013/9/30up

建築の総合情報誌「日経アーキテクチュア」2013年9月25日号(2013年9月25日発売/日経BP社発行)に、
「ベテランも陥る『例外』の罠」が掲載されました。
弊社建築認証事業本部の検査員が執筆した新刊書籍『検査員が明かす建築確認の誤解 申請が「すんなり通る」100のツボ』より、ベテランも陥りやすい例外規定の誤解に関する7つの例を紹介しています。

トピックス 建築確認
「ベテランも陥る『例外』の罠」

適用除外や緩和規定の勝手な解釈がスムーズな審査を阻む
解説:ビューローベリタスジャパン株式会社
掲載:64〜71ページ

Q1 小さな建物ならば新築でも確認申請は不要?
Q2 屋上の倉庫は階数に含まれない?
Q3 屋上の物置は高さに参入しなくていい?
Q4 高さ不算入の屋上部分は日影計算の対象外?
Q5 防火地域内では主要棟が耐火建築物なら建蔽率を緩和できる?
Q6 「その他建築物」であれば大きくても区画は不要?
Q7 「軽微な変更」ならば手続きは一切不要?


・確認検査業務 ご案内はこちら
・書籍『検査員が明かす建築確認の誤解 申請が「すんなり通る」100のツボ』 ご案内はこちら